W3 Total Cache を気軽に入れて大変な目に合ってる方向けに削除方法です。。

wordpresswordpressサイト運営日記
wordpress W3 Total Cache

このサイトにたどり着いた方は、この時点で、、、

ご自身のサイトが、500エラーになってるか、管理画面にログイン

出来ない状態でしょうから、、

ここで、サイトにログインして、、、

なんて書いても意味ないでしょうね!!

なので、、

こいつ「W3 Total Cache」が悪さしていること前提で、サイトにログインするところから解説します。。。

正攻法でログインができないのであれば、、

FTPソフトで、あなたのエラーの出してるサイトに接続します。。

そこで、./wp-content/pluginsこのここまでたどって、、、

./←こいつは、相対パスです。。

plugins を plugins_old に名称変更してやると、あなたのサイトのプラグイン全て無効になるので、、

エラーが消えて、ログイン出来るようになると思います。。

サイトの管理画面にログインできると、、

一度、「W3 Total Cashe」を有効にして、、

Enable のチェックを全て外してください。。

それから停止にして、削除します。。

この流れで、画面が、真っ白になったりすることなく「W3 Total Cashe」をきれいに削除できたと思います。。

W3 Total Cache が「.htaccess」や「wp-config.php」も変更してる場合もあるので、

そう言った場合は、.htaccess での変更箇所はこちら
  ↓↓

BEGIN W3TC Browser Cache


AddType text/css .css
AddType text/X?component .htc
AddType application/X?javascript .js
AddType application/javascript .sz
AddType text/javascript .js3
AddType text/X?js .js4
AddType text/html .html .htm
AddType text/richtext .rtf .rtx
AddType image/svg+xml .svg
AddType text/plain .txt
AddType text/xsd .Xsd
AddType text/X51 .Xsl
AddType text/xml .xml

wp-config.phpの変更箇所
  ↓↓
l ?<?php
2 /** Enable W3 Total Cache */
3 define ( ‘WP_CACHE’ , true) ; // Added by W3 Total Cache

5 _|/*:\’

不具合が治らない場合は以上のファイルも確認してみてください。。

私の場合は変更してません。。

以上が、「W3 Total Cashe」を導入してサイトエラー500が出た時の対処法です。。

サイトのエラー状況には、個々の状況がありますので、一概に同一に扱うことが出来ないので、

各人のハンダと常識の元、この記事を参考にして改善してください。。

尚この記事を参考にして、余計にぐちゃぐちゃになったと言われても当方は、責任を負えません。。

あなたのサイトがエラーの時は当記事を参考にしてみてください。。

管理人からひと言、、

キャッシュ系のプラグインは、熟慮して導入しましょう。。

本当に大変な思いをします。。

タイトルとURLをコピーしました